衛生的に使うための手入れ方法を身に着ける

まずはしっかりと流水で洗う

自分に合った歯ブラシを手入れしながら使っていけば、長持ちするだけではなく口腔内にウィルスや細菌発生を抑える効果もあります。すぐに出来る歯ブラシのお手入れは流水でしっかりと流す事から始まります。歯ブラシの先には食べかすや汚れが付着しているので、これを残したままにするのは衛生的とは言えません。強めに水を出しながらしっかりと洗うと良いです。

その後、コップに水を貯めて歯ブラシでそれをかき回して汚れを落とすと良いでしょう。途中、根本部分をもみ洗いしながら流水で流すとしっかりと汚れが落ちます。落ちにくい汚れに関しては歯間ブラシを使って落とすと驚くほどキレイになるので、毎日のお手入れとしてやってみて下さい。

どのタイミングで交換すべき?

歯ブラシを使っている際に気になるのが、交換のタイミングです。同じ歯ブラシを長く使っていると毛先が痛んでしまうのはもちろんですが、雑菌が繁殖していくのは衛生的とは言えません。

雑菌の多い歯ブラシを使うのは虫歯や歯周病を促進している様なものですし、衛生的にもNGです。交換のタイミングとしては歯ブラシの毛が開いてからです。そうでなくても月に一度は必ず交換して下さい。電動歯ブラシも同じタイミングになるので、ストックを用意しておきましょう。

家族や同居人と住んでいる場合は、歯ブラシの毛先が触れ合っていないか注意して下さい。出来れば個別で管理し出来るだけ雑菌の繁殖を防ぐのが、歯ブラシの衛生的な手入れ方法となります。