歯ブラシっていつから使われているの?

歯ブラシのこだわりポイント

ドラッグストアやスーパーに専用コーナーを設けている歯ブラシですが、様々な種類があるのでどれを手に取るか迷ってしまう事もあるでしょう。

自分に合った歯ブラシを見つける場合にチェックして欲しいのが毛の固さです。固めの毛はしっかり磨けるので歯の汚れをキレイに落としてくれます。しかし力を入れて磨くと歯そのものを削ってしまったり、歯茎を痛める可能性があります。歯茎の炎症は歯周病にも繋がるので注意が必要です。

やわらかい毛の歯ブラシは、歯を痛めず磨き心地が良いものが多いです。細かい部分まで磨けるので歯の隙間の汚れを落とすのにも適しています。その反面、歯の汚れを落とす力が弱く念入りに磨かないと磨き残しが出てしまいます。

歯磨き粉にもこだわってみよう

歯ブラシの違いを理解したら、歯磨き粉にこだわってみるのも良いでしょう。歯磨き粉も歯ブラシに引けを取らないほど、多くの種類があります。

一般的に歯磨き粉と呼ばれているのがペースト状の歯磨き粉です。泡立ちが良く、口腔内の隅々まで泡が行き渡るのですっきりした使い心地です。しかし電動歯ブラシを使っている場合は飛び散ってしまい、周りを汚してしまうのが難点です。

ジェル状の歯磨き粉は泡立たないので汚れを見つけやすく、ピンポイントで磨けるのが強みです。泡だれがないので口回りを汚さず、丁寧に磨けます。しかしこれまでペーストタイプを使っていた方にとって物足りないと感じる場合もあります。これらの歯磨き粉にはホワイトニングや歯周病予防、口臭予防など複数のタイプがあります。